• ねずみの痕跡を見つけたときに、ねずみ駆除する方法

    保存していた食品が食べ荒らされたり、糞が落ちていたり。



    ねずみの痕跡を発見したら、早めにねずみ駆除をおこないましょう。ねずみ駆除の方法で一般的なのが、罠の設置と殺鼠剤です。まずは、ねずみの足跡やかじり跡のラットサインを探します。
    怪しい場所に、薄く小麦粉をまいておけば足跡が残ります。

    ねずみがどこから出入りしているのか、侵入経路を確認しておきましょう。

    ねずみ駆除用の主な罠は、粘着シートタイプ、バネ式の圧殺するタイプとエサを仕掛けて捕まえる捕獲器です。

    最も扱いやすいのが、粘着シートタイプの罠でしょう。



    仕掛けるのは通り道の痕跡があった場所にできるだけ多く、新聞紙などの紙の上に設置します。
    ねずみの足に油がついていると、粘着剤の効力が半減してしまうので、ねずみの手足の油を吸わせるためです。


    罠による捕獲方法は、ねずみの死骸を処理しなければなりません。


    また、かかったねずみの死骸は雑菌まみれなので、取り扱いにも注意が必要です。

    直接、手で触ることを避け、殺虫剤をかけるなどの後処理が必要なのです。


    罠にかかった後の処理が面倒臭い、やりたくないという方には殺鼠剤がおすすめです。
    殺鼠剤も罠と同じように、ねずみの痕跡があった、ねずみのエサ場に置きましょう。

    なかなか食べない場合には、ねずみに食べられた食品を混ぜて置いてみたり、油をかけてみるなど、ねずみが食いつくように工夫してみましょう。
    警戒心が強いねずみが食いつくまで、1週間かかることもあるのです。



    殺鼠剤は即効性があるものではなく、食べてから数日経ってから効果があらわれるのです。


    また粘着シートなどの罠も設置して周りに殺鼠剤をまいてみるなど、いろいろな方法を試してみましょう。
    ねずみの気配が無くなるまで、根気良く続けましょう。

    ねずみの気配がなくなったら、侵入口を侵入防止パテなどでふさぎ、忌避剤を置くなど、ねずみの侵入対策を忘れないようにしましょう。