• 家に侵入した、しつこいねずみを駆除するには

    ねずみ駆除をおこなうときには、まず自分の手に負える状態なのかを確認します。


    繁殖して数が増えている場合は、駆除した後の巣の殺菌が大がかりになるために、個人で処理することが難しいのです。
    天井裏を走り回る足音が複数の場合や、本来、警戒心が強いねずみが昼間に姿をみせる場合は、繁殖している可能性が高いため業者への依頼を検討しましょう。ねずみを駆除する方法は、粘着シートやバネ式、カゴの捕獲器のワナを使用する捕獲と殺鼠剤で殺す方法、そして忌避剤などを使って追い払うのです。


    ワナはラットサインがある侵入口付近に設置します。扱いやすいのが、多く敷き詰められる粘着式のシートでしょう。



    周辺にエサをまいておくと効果的です。


    殺鼠剤を使う場合は、警戒心の強いねずみを油断させるため、最初は無毒なエサをまきねずみが食べている様子がみられたら、少しずつ殺鼠剤を混ぜましょう。

    大阪の会計事務所の情報が満載です。

    殺鼠剤は遅効性の毒なので、食べさせてから数日は走り回る気配が消えるまで待つ必要があるのです。食べた様子がない場合は油や黒砂糖などをまぶしてみましょう。



    くん煙タイプの忌避剤は、煙と臭いで巣から追い出します。

    使用するときには、侵入口にワナを仕掛けておけば、煙で慌てて逃げてきたネズミを捕獲することもできるのです。ワナや殺鼠剤を使用しても、すぐに駆除できるものではないのです。数日は様子をみて全く効果があらわれない場合には、設置場所を変更したり、ラットサインを改めて確認しなおしてみましょう。

  • 生活の事柄

    • ねずみの駆除をする場合には、さまざまなグッズが市販されています。粘着性の罠などはシンプルですが罠を通過する時にねずみを動けなくするため効果が期待できます。...

  • 関連情報

    • 保存していた食品が食べ荒らされたり、糞が落ちていたり。ねずみの痕跡を発見したら、早めにねずみ駆除をおこないましょう。...

  • 知りたい生活事情

    • 台所や屋根裏などに巣くうねずみは、家庭内の食材を食い荒らすといった被害の他、糞尿による悪臭や建物の劣化、またねずみ自体が持っていたり糞尿を媒介に繁殖する様々な雑菌による衛生面での問題や、それらに触れてしまうなどして起こる健康被害をもたらします。このような被害を最小限に食い止めるため、ねずみを見つけたら早めにねずみ駆除の対策をとる必要があります。...

  • 生活のテクニック

    • ねずみが家の中に侵入した場合は、気づいたら早めにねずみ駆除を行う必要があります。方法は専門の業者に頼む方法と自分で駆除する方法があります。...